シニアプロが伝授する「いぶし銀の技」で夏ラフを克服 年齢とともに体力が低下するのは自然の成り行き。だが、体が資本のプロゴルファーにとっては切実な問題だ。「頭は、   激安ゴルフクラブ どんどん経験値を積み重ねているんですから、こんな場面ではこう対処すればいいというアイディアは何通りも思い浮かびますよ」と多くのシニアプロは証言する。ところが、その対処をするための体力がない。 「20代の体と今(50代)の頭脳があれば、何勝もしていたかもしれない」と言うプロもいる。後進の育成とは、そんなベテランプロが若手の体力を借りて、自分の豊富な経験を注ぎ込み、  ゴルフクラブ 果しえなかった野望を実現させるための行為かもしれない。 このほど東京国際大学の特命客員教授および同大ゴルフ監督に就任した湯原信光も若手育成に熱心なシニアプロのひとりだ。  ゴルフ用品 その湯原に就任早々朗報が舞い込んだ。今年のオフにタイで一緒に合宿していた大堀裕次郎さん(大阪学院大学4年生)が日本アマチュア選手権で優勝したのだ。 昨年の日本プロシニアで湯原のキャディを務めた大堀さんは、その沈着なプレーぶりに惚れ込んで押し掛け弟子に。タイの合宿も湯原に誘われて参加した。日本アマチュアの決勝戦前夜、  ゴルフクラブ 湯原から大堀さんに電話があった。「優勝トロフィにはオレの名前が刻まれている。お前もそれに続け」と。湯原もまた日本アマの歴代優勝者なのだ。 よくシニアのプレーを「いぶし銀の技」と表現することがある。  激安ゴルフクラブ 長年にわたって培ってきたテクニックやコースマネジメントの巧みさ、そして試合運びの冷静さなどが「いぶし銀」    
Zaloguj się, aby oddać głos
0