グリップで クラブを軽く握って、クラブフェースがスクウェアーにセットアップ出来るようにし、左足に少し体重をかけて、肩のラインが地面に平行になるように構えよう。   ストロング・グリップで、ハンドファーストに構えれば、クラブフェースはクローズドになるから、そうならないようにすることが重要だ。クラブフェース の面が変わらないようにし、腕が常に胸の前にあるような感覚でボディーターンを使ってクラブを振るように心掛けよう。クラブヘッドは、ソールが芝をブラッ シュするようにボールと芝にコンタクトするように スコッティキャメロン スタジオセレクト ニューポート2 落とすのが正しく、フィニッシュは 低めに 取るようにすれば良いだろう。   そうしたスイングは 右上の写真のように 若干 カット・ショット気味打つ感覚でも良いが、そのフィニッシュは 腰と肩がやや開いた形になる。 スタジオセレクト ニューポート2 スタンスは狭くして スクウェアか 若干オープンに構えて、テイクバックを スタンスのラインに対して ほぼ真っ直ぐ引き、その時に腕と手首の力を抜いてクラブを振るが、トップでは 少しコックを入れ、そこから ピボットを使って 腰と上半身を回転させながら クラブを落とし、最後は ややインサイドに手を (リストを 返さないように) 引くように フィニッシュするのが ポイントだ。   インパクト後は 手を低く http://www.golfstorejapan.com/ 、ややインサイドに引くように動かすことで、ミスショットの原因になるボールを すくい上げるような手の動きを抑制する効果もあるはずだ。    
Zaloguj się, aby oddać głos
0