腕や手首の動きを抑えて、クラブヘッドの重さを使って 下半身がリードするようにして 体の回転で クラブをゆっくり加速させて打つのがポイントだ。      特に、手首の動きに注意を払って、バックスイングでは コックを あまり 効かせないようにし、 ロケットブレイズ アイアン インパクトから フォロースルーでは 手首を返さないように打つ方法を試して欲しい。シャフトが地面と平行になるところを目安に バックスイングの大きさをコントロールし、その距離がどの位になるかをチェックしてみよう。      ここでは、体と肩の回転がクラブヘッドを加速させる原動力にな るようにスイングすることが大切だ。そして、前述の打ち方を一通り試したら 次は ロケットブレイズ アイアン 2013 バックスイングで 少し コックを入れて同じように打ってみよう。コックを入れるタイミングや コックの量など、色々なパターンを チェックし、最も感触が良い打ち方を見つけ出そう。ボールの位置をやや右足寄りに置いたり、クラブを少し短めに持つといったことも試して欲しいが、色々な 打ち方を テーラーメイド ロケットブレイズ 試して比較してみることで、自分に最も合っているボールの打ち方を見付けることが目的だ。 いずれにしても、距離のコントロールは 体の回転の量とスピード、所謂、大きな筋肉でコントロールすることが望ましく、また、方向性を良くするために クラブフェース面を どのように コントロールすれば良いのかを理解することも重要である。  
Zaloguj się, aby oddać głos
0