ライの良い所で 二ヤレスト・ポイントから ゴルフクラブセット レングス内のボールが予想通りに転がりそうな所に上手くボールを落とせれば 高い確率で 好ましいライから プレーが出来ることになるだろう。通常、右手を伸ばして右足のつま先前に落とす場合、ボールの落ちる場所はつま先から 45-50cm くらい前のポイントになるはずだ。 2012年のルール変更で ハザード内のルースインペディメントをボールの確認のために取り除いてボールが動いた時は 1打罰となった。なお、 ロケットボールズ ステージ2 ドライバー アドレス後にプレーヤー自身ではない その他の理由でボールが動いてしまうケースは 1) のルールが適用されたが、2012年のルール改定で その場合も 3) のケースとして処理されることになった。 なお、ボールをドロップした結果、以下の状態になった場合は再ドロップとなるが、ボールを二度ドロップしたにも拘らず、同様な結果になった時は 再ドロップした際にボールがコース上に最初に落ちたと思われる所に その ロケットブレイズアイアンセット ボールをプレースすること とルールに定められている。次に、確りと理解すべきことが 動かせる障害物の定義である。   詳しくこちらへ: ルールで定められた人气ゴルフアイアン  
Zaloguj się, aby oddać głos
0