ゴルフは、運動交流し、屋外を楽しむには絶好の口実です。しかし、私たちの年齢として、私たちはしばしば私たちが若い頃に楽しんだ強さと柔軟性を失い始める。関節炎、痛み、疲労や関節の問題は、コースと離れて彼らが愛するゲームからのオフ多くのゴルファーを保持している。どのようにこれらの問題を克服することができますか? xxio mp600 のグリップのデザインや素材に焦点を当てた技術の進歩が答えかもしれません。 伝統的なグリップはクラブシャフトの端に大きく、クラブヘッドに向かって小さくなる。色、全体の直径、硬さ、表面の設計には多くのバリエーションが用意されていながら、この基本的な形状は今日の市場を支配し続けています。しかし、なぜグリップはこのような形をしている?あなたは mp600 アイアン をつかむときがそうであるようにあなたの手を保持している場合、それはあなたの手があなたの人差し指によってあなたの最も小さい指で上部に小さく、大きいことは明らかである:従来のグリップの正反対形状。さてグリップの最も小さい部分を保持している手を考える。それはあなたの利き手である。痛みや疲労、問題の別のソースを手は弱体されている場合:あなたの最強の手がグリップの最も小さい部分を保持しているので、あなたがこの手でつかむ困難を余儀なくされています。 快適さを越えて、撮影距離と精度は、クラブが保持されている方法によって影響を受ける。従来テーパーグリップはあなたの手の中に回転するように設計されています。ストレートショットを打つには、クラブヘッドとボールとの間の接触のタイミングは完璧でなければなりません。テーパーグリップはあなたの手の中で ミズノ jpx e600 回転をなくす、あなたの手のひらで安全な、リラックスしたグリップを作成して逆転。結果は、パワーとコントロールで即時利得です。 多くの関節炎患者は特大グリップが答えであると考えています。しかし、通常のオーバーサイズグリップは標準グリップよりも、それ以上の手の形状に合わないと jpx e600 を使用してスイングに有害かもしれない。いくつかの特大のグリップは非常に重いです - 100グラム以上 - クラブのバランスポイントを変更。 ポリマー技術の進歩は柔らかく、粘着性の感触を維持しつつ、耐久性がありグリップを生産するメーカーは、これまで以上に多くのオプションを与えている。ゴムの主な欠点は、濡れたとき、それは湿った気象条件や汗のいずれかから滑らかになることである。多くの材料は柔らかく、粘着性を感じるように作られたときに裂けや劣化の影響を受けやすくなる。このような熱可塑性エラストマーなどの材料は、すべての気象条件で粘着滞在し、柔らかいグレードが使用されている場合でも、非常に耐久性のまま。いくつかのエラストマーも、彼らはボールとの接触後に作成振動から手や関節を緩和することを意味する衝撃吸収されています。
Zaloguj się, aby oddać głos
0