テーラーメイド r1 ドライバー動きをしてしまう人が居る そこでもう一度 上のテーブルを見て欲しい。特に、腕と手の役割である。 多くのアマチュア・ゴルファーは腕と手でボールを飛ばそうとしてしまうのである。ボールを飛ばすの は (1) の体の回転で、(2) の腕と手には ボールを テーラーメイド r1 ドライバー クリーンに確り打つための調整機能だけの役割を担わせることが大切なのだ。その役割分担の見地から、腕と手を どのように柔らかく使えば良いのかを 研究すれば アプローチの実力は格段にアップするはずである。  腕と手の動きが ハエ叩きのような形で ボールを打つ時に止まって手首を返すような動きをしてしまう人が居るが、それは、当に (2) に (1) の役割を テーラーメイド r1 させているから起こり得ることなのである。腕と手はボールを打つ時に 体の前を 体の回転と一緒に動き続けなければ (1) と (2) の役割分担は上手く出来て居ないことになるだろう。  アプローチ・ショットはテイクバックに入る時に体の一部 (例えば、腕) から動かすのではなく、肩、腕、手 (コックを入れる動作を含め)、クラブなど、ほとんど全てを 同時に始動させるのが良いとされている。
Zaloguj się, aby oddać głos
0