腕の三角形を長く維持するようなテイクバックからバックスイングという動作をすることが望ましいのだが、その動作を如何にしたらバランスとタイミングを崩さずに行うことが出来るかを研究して欲しいのである。   上のイラストのプレーン A と B のように、面と面が確り交差するように (A と C のようなプレーンの位置関係にならないよう) 肩の回転と 手と腕が動く面の位置関係が作れるように 工夫して欲しいのである。 テーラーメイド r1 ドライバー それが出来れば、体の回転運動を効率良く使えるから、腕を大きく、ゆっくり 動かしても 確りボールを打つことが出来るはずで、パワフルなスイングが無理なく出来るようになるだろう。 正しい腕の振り方を覚えれば、体を 90°以上 (例えば、100°位) 大きく回転させても バランスを崩すようなことは 非常に 少なくなる。そして、 テーラーメイド r1 そうした腕の振り方とバランスの取り方、タイミングの合わせ方が理解できたら、意識せずに、リスト・ターンは自然と正しいタイミング で出来るようになるはずで、極めて 効率の良いスイングで ヘッドスピードが無理なく上がって、力強いボールが打てるようになる。 また、正しいプレーンの概念通りスイングが出来れば、腕の力に頼らなくとも ヘッドスピードは上がる訳だから、不必要な力を排除することや 体の回転の回転軸を前後左右に動かさないようにすることなども容易になるはずだ。    
Zaloguj się, aby oddać głos
0