MP600フェアウェイウッドある程度回った後に 手の位置は腕の振り方によって決まる訳だが、それが体の回転するパワーを利用し難い位置にあったのでは力を効率良く使えないだけでなく、クラブのコント ロールもやり難くなる。  トップ・プロの多くは 腕を振り上げながら肩を回すのではなく、むしろ、 テーラーメイドr1 肩がある程度回った後に腕を動かし始め、手と腕を 常に 自分にとってコントロールし易い場所に置くという バック・スイングから トップの形を作っている というのが事実である。適度にすることによって クラブを 正しいスイング・プレーンに乗せることも考えて見よう。 バック・スイングが完了した時点で 左腕は時計回りにローテーションして 右図の (1) の状態になり、それが フォワード・スイングから フォロースルーのステージで (1) - (6) まで 時計の針の回転と反対方向に回転するが、この腕の振りと 適度に腕を ロールさせる動きを研究してみよう。 しかし、多くの人は この単純な理屈が ゴルフ・スイングになると出来ないのである。 テーラーメイドr1ドライバー激安 この手を体の前に置くという感覚を大切にして、体の回転と腕の振りのバランスやタイミングを考えて欲しいので ある。実は、多くの場合、リスト・ターンが上手く出来ない最大の原因は この点にあるのである。
Zaloguj się, aby oddać głos
0