アニメ『ONE PIECE』の声優、モンキー・D・ルフィを演じる田中真弓とウソップを演じる山口勝平が、イベント出席のため台湾を訪問。「滞在時間は約24時間と短かったが、ファンが大熱狂で迎え入れた」と現地メディアが報じた。田中と山口は、台湾で1月25日より公開される映画『ONE PIECE FILM Z』のプロモーションのため台湾へ。ウェブニュース「台湾今日新聞網(NOWnews)」によると、1月19日に現地入りした2人は台湾料理のレストランに招待され、“おいしい!”を連発。特に、東坡肉とフカヒレスープが気に入ったそうだ。そして「 アメリカドラマ ファンとコミュニケーションを取りたい2人は、中国語の勉強を始めあいさつ言葉をすぐに覚えた」とのことだった。翌20日は、台北市内の西門町で開催された上映会に出席。「この日のチケット約1100枚は売り切れ状態で、会場周辺は大混雑。チケットを持ったファンは80メートルに渡って列を作り、映画館に入場するだけで30分程度かかった」そうだ。「田中と山口の台湾訪問が正式に発表されるや否や、多くのファンがインターネット上で意見交換を行っていた」とのこと。迎え入れる体制や応援方法などを整えていたのかもしれない。2人の台湾滞在は24時間程度だったにも関わらず、ファンは大いに盛り上がり大興奮。熱狂的に迎え入れたそうだ。「日本以外の国で、声優が映画のプロモーションを務めるのは初」ということで、「台湾のファンを大切に思っていてくれている」「台湾上映に力を入れている」などといった声があがり、大盛況だったという。「田中と山口は映画で出てくる戦闘服を着て、ファンの歓声が飛び交う中舞台に登場。拍手と叫び声に包まれながら田中はルフィ、山口はウソップの声を出しますますファンを興奮させた」とのこと。ファンからの質問に2人からは「実生活でも dvd通販 のように、海賊の王様を目指したい!」という宣言も飛び出した。  
Zaloguj się, aby oddać głos
0