24時間営業の本屋に強盗が入る。現場近くいた巡査の佐古は真っ先に通報を受けた本屋に向かう。 その時同時に本屋近くで下着泥棒の二木が赤い下着を盗む。強盗の通報を受けて応援に来た土田と笠松巡査によって二木は 事情徴収を受けて逮捕される。右京と薫の特命係は所轄の捜査の手伝いをさせられる。下着泥棒が盗んだ下着を持ち主に見せて本当に盗まれた者なのかを確認する地味な作業女性によっては恥ずかしくて取り合ってもらえない中、それでもねばり強く交渉し確認をとる。この下着泥棒の二木は盗んだ下着の場所を全て覚えていた。 水曜どうでしょう DVD 相棒 DVD しかし不思議なことに最後に盗んだ赤い下着だけは本人が否定してくる。薫は二木に確認を取り本当は万引きしたものでは無いかと尋ねる。すると二木は下着泥棒としての不思議なプライドを持ち決して万引きはしないし、盗んだ場所は忘れない事を告げる。赤い下着が盗まれた事を証明する。二木は盗んだときの状況を克明に語り始める。あの時本屋の駐車場に一台の車が止まっており、後部座席にはメガネの男性が座っていたという。しかし去る頃にはぐったりとしていたという。その後に刑事達に捕まった事を告げる。取りあえず右京らは二木を捕まえた滝沢署に事情を聞きに行く。今回は警察内部の不祥事を暴くというもの。当然ながらリスクの有る話であり、下手するとそれを暴こうとする右京や薫がクビ、もしくは左遷されるという状況の中、本当に暴くことが出来るのかまさか下着泥棒の存在の証明が、 相棒 season DVD BOX アリバイを打ち砕くための要素として使用されるとは思わなかった。 日本ドラマ 警邏日誌に書かれた内容と現実とは何処が違うのか。 当日あの駐車場に置かれていたのは覆面パトカーであり、刑事の車の後部座席に人が座っているのは可笑しいという事に なる。その後に座っていた人物は誰なのか。話しを聞いていく内に人が一人亡くなっている事実を知る。病院に運ぶ途中に亡くなったとの説明だが、正直それを聞いただけで時間軸が意図的に変えられたと分かるのは事実関係をより熟知していないと難しいと思われる。
Zaloguj się, aby oddać głos
0