大泉さんは、写真集『ダヴィンチ』を4月19日に発行することに予定しました。水曜どうでしょうチームが撮影に向かったのは海外という情報もあります、ひょっとすると発売日には本人は日本にいない可能性があります。エッセイ集は1997年から3誌で連載していた原稿に、書下ろしを加えた16年分全112編が一挙に収録されています。内容は『 台湾ドラマ 』サイコロの旅第1回目が放送された後のショッキングな事実や、『原付きベトナム縦断1800キロ』が終わった後の感動エピソードなど『水曜どうでしょう』のエピソードが多く登場して、また書き下ろしでは、大泉洋さん本人が初めて『水曜どうでしょう』への思いを本音で話しています。   本人のインタビューのほか、新刊の写真集に寄せて、『水曜どうでしょう』の2人のディレクターからメッセージが送られています。藤村忠寿さんは、『 フィットネス  』という番組を我々は、たぶん本当に、一生続けていくと思う」と語っています、幸せな風に吹かれ揺れるように手を振り返す樹々の葉を眺め、そうしながら私は死ぬのだと思っていると、『水曜どうでしょう』を一生続けていくことを話しています。
Zaloguj się, aby oddać głos
0