そうしたパターは クラブをストロークする時に フェースがスクウェアに保たれ易く、右図のようにストレートにクラブを引いて出すタイプのパッティング・ストロークをする人に適したタイプのパターだと言 われている。   それに対し、同様に指の上にパターのシャフトを置いてバランスさせた時に クラブヘッドのトー (先) が 下を指すようなデザインのパターが トー・バランスド・パター (Toe Balanced Putter) で ピン・タイプのパターは 基本的にトー・バランスドである。このタイプのパターは、 激安ゴルフクラブ 右図のカーブの (インサイドに引いて インサイドに出す) ようなパッティング・ストロークをするタイプの人に適したパターだと言われている。マレットではなく、ピン・タイプのパターを使うプロが多かったのは そうしたことが理由だったと言えるのかも知れない。 以上が、ピン・タイプとマレット・タイプのパターの特徴である。パターを選ぶ時は テーラーメイド r1 ドライバー 激安 科学の力を生かしたデザイン・フィーチャーと 科学では説明し難いフィーリングの世界の両方を考慮する必要があるはずだ。そして、どんなパターを選ぶかは 必ずしも その理由が明確でないことも多い。とは言え、結局は激安ゴルフクラブ科学の力を出来る限り利用する選択が得策だと考えるのは アマチュアも プロも同じで、マレット・パターを使うプロが 近年 増えているのは自然の成り行きなのだろうか。   他方、パターはアッパー・ テーラーメイド r1 ロー気味にストロークして、ボールに順回転を与えられるようにストロークした方が良いとも言われており、多少ボールを左に置い て フィニッシュを高めに取るなどといった打ち方で、アッパー・ブローにボールを打っている人も居るだろう。      
Zaloguj się, aby oddać głos
0