ゼクシオ アイアン mp600意識を持ってバランスの良い動き 肩の回転が 背骨に対してなるべく垂直に プロペラの羽のように回転するよう工夫することも忘れぬよう。 回転運動で動く体の部位は 脚、腰、肩、腕などであるが、それらは上のイラストのような仮想の回転面 (プレーン) から外れて波打つような動きを しないよう することが望ましい。肩の回転も 肩だけで ゼクシオ アイアン mp600 回転させるのではなく、フットワークや腰の動きと連動しているという意識を持ってバランスの良い動きを 工夫して欲しい。もう一つ大切なことがフォワード・スイングのスタートだ。 上半身を思うように動かせれば ボールはターゲットに向かって飛ぶ訳だが、そのプロセスは上半身から動かすのではなく 下半身が上半身をリードする形で ゼクシオmp600アイアン 右脚の蹴り、腰のスライド、左脚の踏ん張り、腰の回転、肩の回転、腕の振りという順番で体の動きを コントロールして 体全体のバランスと体の各部位の動作の調和が取れるように工夫する必要がある。 スイングの切り返しから インパクト、そして、フィニッシュ まで、下半身の動きが体全体の動きをリードする形で、常に ヒップが 上手くクリアー出来ていれば 右の動画のように フィニッシュで 綺麗に おへそがターゲットの方を向くはずで、そうなっていなければ フットワークと腰の動きに問題があると考えるべきだろう。
Zaloguj się, aby oddać głos
0