激安ゴルフクラブ構えたスタンスの両足のつま先中央 手と腕の力を抜いて 右肩と左肩を均等に使う肩の回転を意識するようにすると良いだろう。 例えば、左脚下がりや左脚上がりのライでは 知らぬ間に 利き手である右手主導 ゼクシオMP600 打つことになり易く、結果として 案外 ダフることが多くなるものである。従って、そうしたライでは 右手主導にならぬように気を付けるべきである。 また、常に ゼクシオMP600ドライバー の位置には気をつけよう。右図のようにオープンに構えたスタンスの両足のつま先中央 (赤のボールの位置) に ボールを置く人が多いようだが それでは 背骨のラインより左 (前) にボールを置くことになる。 ボールは MP600 ドライバ ンに構える前の両足の中央から右足のかかとの間 (グリーンの範囲内) に置くのが正しいポジションだ。ボールを左に置き過ぎると 無理な調整をしない限り (ダウン ブロー気味にスイング軌道で) クリーンにボールを打つことは難しくなるから要注意。 低いチップ・ショットで転がしたければ ボールを右側に、また、ボールを少し上げて打ちたければ その度合いに応じてボールを左に置けば良いことになる。ただし、繰り返しになるが、図のグリーンの範囲内にボールを置くことが原則である。
Zaloguj się, aby oddać głos
0