シャフトの硬さ 最近では R、S、X といった表示の他にこの振動数を表す数値が シャフトに表示されていることが良く見受けられる。シャフトの硬さの測定方法には シャフトに重量をかけて、 そのたわみ量を計測するベンド測定法とシャフトのグリップ部を固定してクラブを振動させて 、その振動数を測定する 固有振動数測定法とがある。振動数が毎分260であれば 6.0、また、270 であれば 7.0 といったように表示するのが一般的で、同じメーカーの同じタイプのシャフトであれば 5.5 の ゴルフクラブセット シャフトは 6.0 のシャフトより柔らかいことになる。そのような状況下、各メーカーが独自な方法でシャフトの硬さを表示しているのが現状で A社のシャフト S が B社のシャフト S よりも全般的に硬く感じるなどといったことがあるだけでなく、同じメーカーのシャフトでも、 激安ゴルフクラブ シャフトの種類によって硬さの感覚に違いが出るというような状況も見られる。 シャフトの硬さは 基本的に「たわみ」の量に直結するものだが、柔らかい方から順に J、L、A、 R、SR、S、X、XX と表示される。硬いシャフトは 同じヘッド・スピードであれば 、たわみ が小さくなる理屈で、例えば、40 m/s 以下のヘッド・スピードの人は S 以上の硬い ゴルフ 通販 シャフトは 避けた方が良いといったような目安に使われる。
Zaloguj się, aby oddać głos
0