ゼクシオ アイアン mp600研究に値するものだ アマチュア上級者が コントロール・ショットを選択する理由は (プロの理由に加えて) その方が 方向性とかミート率が良くなるということも少なくない。 しかし、70% のようなショットは意図した力加減が上手く出来ないこともあるから 良いことばかりではないのも事実である。従って、コントロール・ショットを 多用するのであれば、その安定性に磨きをかける工夫が テーラーメイドr1 絶対に必要になる。さて、距離をコントロールするテクニックで 最も一般的、且つ、シンプルな方法は バックスイングの大きさを 単純に (定量的に) 調整するもので、それを 10時、9時など 時計の針のイメージで コントロールする方法だ。 例えば、ギャップ・ウェッジのフル (100%の) ショットが 100ヤードだとすれば、そのフル・ショットで 100ヤードを打つのが 最も シンプルで自然な テーラーメイドr1ドライバー激安 アプローチになるが、プロや上級者は ケース・バイ・ケースで ピッチング・ウェッジを 少し抑え気味に打ったり、9番アイアンで 距離を 更に コントロールする打ち方で対処することもあるショットだ。 勿論、わざわざ 100% ではなく 70% とか 90% のショットを 選択するのには 理由がある。プロが 70% とか 90% のコントロール・ショットを選択する主な理由は スピン量と弾道を コントロールするためか、ライが 100%のショットに向いていない時である。
Zaloguj się, aby oddać głos
0