ショットが残っても B を狙って打つべきだという人もいるだろう。    例えば、A と B のターゲットを比べた場合、A からのショットは、3 打に 2 打がグリーンに乗る確率で、B からのショットは、2 打に 1 打がグリーンに乗る確率といった程度の差がある場面だとしたら、 ゴルフアイアン激安  あなたはどちらを選択するだろうか?この場面で、ティーショットが狙ったエリアに落ちる確率の差は、多分に、2/3 対 1/2 以上に B へのショットの成功率が高い (A へのショットの失敗率が高い) はずだ。   また、ミス・ショットをした時のダメージは、A を狙ったショットの場合、少し右に行った場合は、フェアウェイを突き抜けてバンカー (Y エリア) に G25アイアン 入るコース設定で、170ヤード前後のショットをバンカーから打たなければならなくなる。 加えて、より左を狙うことから、左の林 (X エリア) に入れる確率が高くなるが、その場合のダメージは、非常に大きくなると予想される。一方、B を狙ったショットでは、フェウェーが広いばかりか、多少のミスをしてもグリーンを狙えるところにボールが行く確率が高いことも明白だ。従って、こうした場面では、200 - 210 yard のティーショットで タイトリスト 712 AP2  (例えば、5番ウッドや3番アイアンなどを使って) フェアウェイの真ん中を狙って行くのが正解と言える訳だ。  ドッグレッグのホールは、コーナーを攻めずに、少しプッシュしてもフェアウェイを突き抜けない距離のクラブでフェアウェイの真ん中を狙うように打つのが多 くの場合賢い選択になるケースが多いということである。
Zaloguj się, aby oddać głos
0