シャフトとホーゼル下図のように シャフトやホーゼルが曲がっているものをオフセット・パターと呼ぶ。また、B) のように シャフトが ヘッドのヒール側に付いているものを ヒール・シャフト、そして、C) のように中心に近いところに装着されたものを センター・シャフトのパターと呼ぶ。通常、芯はパターフェースの中央近くにあるが、ネックのデザインなどによっては多少ヒール側に芯が偏っているものもあるので自分の ゴルフ用品通販 パターの芯の位置は良く確認しておくべきだ。 パターのフェース面を上に向けて、そのフェース面の色々な箇所でボールを弾ませて感触をチェックすれば、どこに芯があるのかが確認できるはずだ。 ゴルフ用品 激安 パターの中央に線が引いてあるようなもので その位置と芯の位置が一致しないパターもあるので要注意。シャフトの長さは、32"-36"が標準であるが、シャフトが長い中尺や長尺のパターの選手をテレビで時々見ることがあるように、そうしたものも一部の選手によって使われている。 シャフトの長さはアドレス時に目の真下にボールが来る長さがちょうど良いとされているが、長過ぎればボールは体から離れ過ぎるし、短過ぎればボールが体に近くなり過ぎるという現象が起きる。また、ハンド・ダウンに構えればシャフトが寝てくるので 標準的なライ角のパターでは トー側が浮くことになり、その逆であれば タイトリスト ゴルフドライバー シャフトは立ってくるため ヒール側が浮くことになる。従って、自分のフォームに最適なライ角と言うものが存在する訳で、自分にとってベストな シャフトの長さとライ角という観点から パターはチェックする必要がある。   詳しくこちらへ: 手と腕の力が抜けたテーラーメイド ゴルフ        
Zaloguj się, aby oddać głos
0