MP-59アイアン方向性を出す感覚でゆっくり加速する チップ・ショットを打つ時のヘッド・スピードは 肩の回転と腕の振りで決まるスイングの大きさとスピード (テンポ) で決まる訳だが、その時の腕の使い方がポイントである。 基本的に、両腕は均等に使うようにすることが原則だが、左腕と手は方向性を、そして、 MP-59アイアン 右の腕と手は 距離を出すために使うイメージで ボールを打つと 左右のバランスが良くなるだろう。勿論、肩を大きく、早く回せば ヘッドスピードが上がって 距離が出る訳で、距離をコントロールするエンジンは、肩と体の回転が中心であるが、右腕と手の使い方と肩や体の回転との間には (個人差はあろうが) ある種の関係があることに気付くはずだ。 つまり、右腕と手で距離をコントロールするイメージを持つことによって、 ミズノmp59激安 自然と肩や体の回転がそのイメージに合っ たものになるという関係である。バック・スイングでは肩の回転は抑え気味にして、フォワード・スイングの時に右手で距離を、そして、左手で方向性を出す感覚でゆっくり加速するイメージで 体の回転を上手く使って打って見よう。 ただし、片方の手や腕だけに力が入ってしまうと ミスる可能性が高くなる。
Zaloguj się, aby oddać głos
0