通常は あまり起こらないことだが、同伴競技者でもない局外者が カートを動かした場合はまた少し状況が異なる。   そこに自分の携帯品があると知っていた場合は 局外者が それを動かした場合でも ペナルティが科せられるが、その事実を 知らなかった時はペナルティが科されないという規則になっており やや分かり難い。他方、 テーラーメイドロケットブレイズアイアン り起こり得ることで、アプローチ・ショットを打つ前に 自分のパターを 同伴競技者がグリーン上に置いた場合はどうだろう。   その事実を知っていて そのクラブにボールを当ててしまえば (カートに乗っている自分の携帯品とは状況が異なり、同伴競技者の携帯品にはならないから) 局外者が動かし その事実を認識している 自分の携帯品ということで ペナルティが科される。しかし、ボールを打つ段階でテーラーメイドロケットブレイズアイアンその事実を知らずに 当てた場合は (局外者が 知らぬ間に動かした 自分の携帯品に該当するから) ペナルティにはならない。   ただし、 ロケットブレイズ アイアン 評価 シェアーしているキャディか どうかに拘らず、自分のキャディが 同様のことをした場合は知っていた いないに拘らず ペナルティの対象になる。    
Zaloguj się, aby oddać głos
0