125位以降の選手   米国ツアーでは自身初となるトップ10入りにより、ゴンザレスはフェデックスポイント 125位以降の選手による  238位から一気に198位まで上げた。来季のシード権を取り戻す唯一の方法であるウェブドットコムツアーファイナルへの出場権を獲得したゴンザレスは、「今日の結果は大きいよ」と喜びを述べた。  テーラーメイドロケットボールズアイアン 自身初のトップ25入りを果たしたパク・ジンもまた、ランキング202位から189位へと滑り込んだ。   125位以降の選手による逆転劇がなかった為、今週最初の時点で125位以内に入っていた選手達は全員プレーオフへの出場権を手にした。ランキング124位で今週に望んだベン・クレーンは、  テーラーメイド RocketBallz 予選敗退という結果にも関わらずプレーオフ出場権を確保した。   日曜日の朝、クレーンは自身のツイッターで「今ホテルをチェックアウトして空港に向かっているけど、まだ行き先は決まっていないんだ」と投稿していた。結局、ダラスへ自宅に帰るのではなく、  テーラーメイド RBZ ザ・バークレイズの開催地である北ニュージャージーへ向かうことになった。クレーンのプレーオフ出場はこれで6年連続。彼はフェデックスカップ初年度の2007年大会だけ、怪我のため出場できなかった。   クレーンはストレブを僅か10ポイント上回った。ストレブは、先述した最終ホールでのバーディパットさえ決めていれば、クレーンを抜いていた。ストレブはまた、17番でも14フィートのバーディパットを外していた。「 テーラーメイドロケットボールズ  2打とも良いショットだったが、ひとつは上に、ひとつは下に外した」と本人は話した。
Zaloguj się, aby oddać głos
0