グリーンを読んでからパットをするという スタジオセレクト ニューポート2 一連の動作の中で、まずすべきことは、自分のボールの転がるスピードと曲がり、即ち、パッティング?ラインの正し いイメージを作ることだ。 自分のラインは 直感的に右に曲がるとか 下っているなど というように感じ取ることが出来るはずだが、グリーンの上では目の錯覚が良く起きるから、タイトリスト ap2 712ボール側からカップを見ての感覚とカップ側からボールを見た時の 感覚の両方を比べて判断するのが鉄則である。  そうした場合に、下っているのか、上っているのかと言ったようなことが良く分からなくなることもあるが、そうした場合は、横からも観察す スコッティキャメロン スタジオセレクト ニューポート2 べきで、横から パットした時にフック?ラインになるかスライス?ラインになるかといったような感覚も参考にしてみると良いだろう。また、ap2アイアン 712自分のパットのラインが フックなのか スライスなのかを判断しかねることは良くあることである。 そんな時は ホールに対してボールが真っ直ぐに転がりそうなラインが何処にあるかを まずは探すようにしてみよう。
Zaloguj się, aby oddać głos
0