冬はゴルフバックを仕舞い込んでしまう人も居るだろうが 家の中でパットの練習は出来るはずですね。   そして、パターの練習をする時に手持ちのパターの長さやライ角などについて ちょっと 見て欲しいのです。パットをする時は 膝を軽く曲げて右の テーラーメイド R1 イラストのように上半身を腰から屈めて立ち、その時に 目の真下かそれよりやや左にボールが来るように立つのが最もオーソドックスな構え方である。   そして、その構えから ストロークが 最も 無理なく出来るようなパターを使うことが望まれる訳だが、そうした観点からパターの長さ、そして、 テーラーメイド R1 ドライバー シャフトとヘッドの関係 (ライ角、ロフト、フェースバランスなど) に注目してみよう。パターの長さは 前傾姿勢から腕を垂らして落とした時に自然な形でグリップを握れるような長さに調整することがポイントだ。   グリップを握った時に 腕の曲がりがあまり大きくなると腕とパターを時計の振り子のように動かすのが難しくなります。34 - 35 インチのパターを使っている人が結構多いと思うが、それだと多くの場合、腕の曲がりが大きくなり過ぎる傾向にあり、実は 32 - 33インチのシャフトの方が ピッタリ来るケースが少なくないのである。    
Zaloguj się, aby oddać głos
0