ゼクシオ アイアン mp600覚えることから始める チップ・ショットを学ぶ上で重要なことは、まず、何をコントロールすれば良いのかを理解することであるが、以上の三つの基本に注目してショットの打ち方のファンダメンタルを確りと身に付ける練習をすることが第一である。  色々と練習で試して、自分でこれだと思うフィーリングで打てるようになったら、 タイトリストcb712 繰り返してその打ち方が出来るように、自分なりのチェック・ポイントを作って (場合によってはメモに残しておく) 覚えるようにすると良いだろう。一度、覚えたつもりでいても また分からなくなってしまうのが ゴルフの難しいところだから。 少しでも手前にクラブが入れば それでは ダフってしまうことになる。 cb712アイアン そうではなく、のように、ちょうどボール一個分くらいボールの先の芝 (地面) にクラブのソールの底がぶつかるようにクラブを落とすのが正しいチップショットの打ち方のイメージである。 この時に、クラブのリーディングエッジが芝に当 たるようにするのではなく、ソールの底が地面にぶつかるようにクラブを落としてやれば クラブの抜けが良くなり、ショットのリズムも良くなるだろう。 ここでも 水の入ったバケツを両手で持って振るイメージは役立つはずだ。
Zaloguj się, aby oddać głos
0