見たときはすごく驚きましたが、今はこういった形状のアイアンが流行している。といっていいのでしょうか? 『前の三兄弟』でいいますと、明らかに『CBタイプ』だと思いました。バックフェース中央のウェイト以外、特に変わった感じはせずに、 テーラーメイド バーナー2.0 とても一般的なアイアンに見えました。『ソール幅』も、標準的な幅だと思いましたが、ソール全体に組み込まれている『異材』のようなものがとても目立っていました。かなり『低重心化』にこだわっているのでしょうか?   こういったタイプのアイアンにも、これまでたくさん出会ってきたので、 テーラーメイドバーナー2.0アイアン 特に驚くようなことはありませんでした。ネックは、ちょっと短い感じがしましたが、それほど目立つ感じでもなかったですし、扱いづらさを感じさせるようなショートネックではないので好感がもてました。ドライバーの『R11』は、 g25 アイアン そのバリエーション豊富な『チューニング機能』が大きな特長ですが、このアイアンにはそういったチューニング機能がついていないようです。 やはり今の技術ではアイアンに搭載することは難しいのでしょうか?しかし、 ピンg25アイアン 、いずれ何らかのアクションは起こしてくるような気がします。    
Zaloguj się, aby oddać głos
0