ミズノmp59激安大きく回転しているという点に着目 そのように 腕を動かして リスト・ターンを行い、タイミングの良いクラブのリリースを実現させるために考えて欲しいことが 体の回転と腕の振りの関係である。  加えて、手と体の位置関係である。少し話が飛ぶが、大きくて重い物を 押したり、 ロケットブレイズアイアン 引いたりする時のことを想像して欲しい。ほとんどの人は 考えなくとも 手が体の前に来るようにして作業をするだろう。 つまり、手で物を動かす以上、手と体の位置関係が (効率を良くするには) 大切になる と言うこと。手は体の前にあるべきなのだ。 右のイラストは トップ・ツアー・プロのスイングの連続写真から作成したものだが、バック・スイング (1) の段階で 左腕が 地面とほぼ平行になるところまで振り上げられた時に 肩は 70° - 80°くらいまで大きく回転しているという点に着目して欲しい。アベレージ・ゴルファーのスイングに比べると (1) の状態で 肩が 圧倒的に大きく ロケットブレイズアイアン激安 回転していること、そして、その結果 手が体から遠くに離れたポイントを通過し 大きなスイング・アークになっていることが見て取れるだろう。
Zaloguj się, aby oddać głos
0