ミノの部屋にジヒョン(イギョン)は、いたので驚くインジョン。社長の奥さんの使いで、牛骨スープを届けたと、ウソをつくインジョン。ジヒョン(イギョン)が、頼まれて家事をしてると、堂々と言います。部屋の書類が気になるジヒョン(イギョン)が探します。  生意気なイギョンを「どうして、ヘルパーで使うの?」と、怒るインジョン。勝手に出入りするインジョンに注意するミノ。ガンの店にいたイギョンだから、不愉快なインジョン。このドラマ、女性の名前が似てるのでややこしいわ。  時間があるジヒョン(イギョン)が、運動をします。恩返しで身体を鍛えると。任期を控えて、見回り中とスケジューラーが来ます。残された時間を大切にするというジヒョン(イギョン)。  ガンの店で、「ジヒョン婚約者に迫ったジヒョン(イギョン)」と、聞くインジョン。「ガンがジヒョンをかばった。嫌ってると思ったのに。」と、考えるインジョン。   アメリカドラマ のイギョンの新しいバイト先にに来るギョンビン。「新婚3ヶ月、幸せな時にあなたが来ました。居眠り運転で妻を目の前で亡くし、経験しなければわからない苦痛もあると知ったんです。忘れられなければ、しのぶんです。」言うギョンビン。   dvd通販 のギョンビンが幸せなとき、恋人を失い悲しむイギョンを医師として診ました。でも、彼女の苦しみは理解出来なかったですよ。だからまだ、イギョンは苦しんでると思います。  経験しないとわからない痛み、苦痛、苦労、悲しみがあるのよ。どんなに寄り添っても、その人の痛みを理解出来ないこと。それは自分で体験しないと、辛さがわからないです。たとえ、医師でも同じ事だと思います。今、この記事を読んで下さってる方たちも。  
Zaloguj się, aby oddać głos
0