守るホールを意識して プレーをするのであれば 「ショートサイド」 と 「ハイサイド」 という概念を 常に 持って状況判断をする必要があるはずだ。   国土の 80% 近くが山の日本では 山の上や近くに作られた山岳コースが少なくない。でも説明しているように、芝目は 1) 水、2) 日光、3) 風の順でその影響を受けるが、山の斜面にあるコースでは、 ゴルフクラブセット  山から谷に向かって水の流れが速くなることから、その方向に芝目が強くなる。さらに、山の斜面にあるコースでプレーをする場合は、芝目に加えて、もう一つ注意しなければならないことがある。目の錯覚である。コース全体がある方向に傾いていれば、絶対的に水平な面や真っ直ぐなラインの判断が難しくなるということだ。  例えば、グリーンを見た時にホール全体が右に傾斜しているような場合は、 910 D3ドライバー 平らなグリーンであっても (普通は コースだけでなく 周りの景色も右下がりだから) 右上がりのグリーンのように見えることが良くある。従って、仮に、芝目が谷に向かってあることが分かっていてもグリーンの傾斜が右から左だからボールは真っ直ぐに転がるだろうといった考え方で 考え違いをすることになりがちだ。  また、良くやる失敗は、 ミズノMP59アイアン 山に向かって打ち上げて行くグリーンのホールで 打ち上げだからと言うことで 1クラブ大きなクラブで打ってオーバーするというパターンである。
Zaloguj się, aby oddać głos
0