手を低く、ややインサイドに引くように動かすことで、ミスショットの原因になるボールをすくい上げるような手の動きを抑制する効果もあるはずだ。   なお、クラブのソールが芝をブラッシュする感じになるが、上手く打てた時のソールが地面に当たる 感覚が大切だ。正しい角度でクラブが入れば、 タイトリスト712 AP2 アイアン ボールをクリーンにヒットすることが出来るのと同時に ソールが芝と地面に当たる独特な感触が手に伝わってくるはずだ。  基本はクラブフェースをスクウェアーに構えて打つショットであるが、フェースをより開いてカットの度合いを大きくして打てば ボールがより高く上がると同時に スイングの方向よりやや右にボールが出て タイトリストAP2  サイドスピンの少しかかったボールが打てることになる。色々なクラブでフェースの開き方やカットの度合いを変えるなどして試して見るのも面白いだろう。 フェースの合わせ方やカットの度合いなど ap2 712 色々な組み合わせの中から 自分のお気に入りのスタイルを見付けられるように練習してみても良いだろう。   ショットの使い方と言う面からは、距離感 (ボールの軌道と落ちてからの転がり方など) を 712 AP2 アイアン 確りと身に付けることが大切だ。砲台グリーンに乗せるショットなどでは、ボールを高く上げても ある程度ランが出ると言ったような知識やグリーンの硬さがどのように影響するかなどといった知識も身に付けたいものである。    
Zaloguj się, aby oddać głos
0