いずれにしても、2008年 1月 1日からは統一されたルールで反発係数が0.830を超える、高反発モデルは不適合となった。具体的には以下のリストで適合 rbzアイアン ・ヘッドにリストされていなければ 不適合モデルと言うことになる。   トランポリン効果はテーラーメイドRocketBallz ロケット ボールズ アイアンクラブフェースの外周部を肉薄にすることによって得られるフェースのたわみを利用して反発係数を高めるものであるが、クラブフェースの COR の値が最も大きくなる点でその数値が一定値以上であれば、ルール不適合となる。USGAでは テーラーメイドRocketBallz ロケット ボールズ アイアン トランポリン効果を規制しなければ、ツアープロのドライバー飛距離は15ヤード以上伸びると推定している。      
Zaloguj się, aby oddać głos
0