ピンの近くに来てから打つショットだから 本来は 高い確率で 1パット圏内に寄せたいショットである。   説明しているように ウェッジ・ショットの距離のコントロールは バック・スイング キャロウェイX-24 HOTアイアン (腕の振り) の大きさを 時計の針のイメージを使って調整し、8時のショットとか 9時のショットなどとし、サンド・ウェッジで 8時のショットをすれば キャリーで 40 ヤード、9時であれば 60 ヤードなど と管理するのが最も一般的な方法だ。   しかし、コックの利かせ方、体の使い方、スイング・テンポ、力の入れ具合が異なれば、同じ 8時のショットでも 距離は変わってしまう。つまり、そうしたポイントまで コントロールしなければ 距離の精度は出ないのだ。 X-24 HOTアイアン 右のイラストを見て欲しい。腕が x°上がった状態がトップのポジションとした時に コックは y°という形になるが、この y°の値が毎回変わってしまうようでは、距離のコントロールは難しくなる。   そこで、まず、この y°のコントロールが重要になる。 キャロウェイX-24 HOT 多くの人は腕の振りを小さくすると コックも小さくなる傾向があるが、ショットの安定性や再現性を上げるには その点を 改善する必要がある。 詳しくこちらへ: 913 D3 取り替えることが出来る
Zaloguj się, aby oddać głos
0