出来るKickstarterやCampfireを利用するのも良い。実際自分も最初は、オフィスは自宅、スタッフはインターン、1年以上自分には給料無し、資本金は50万円、主な資金調達方法は発注に対するクライアントからの支払いだった。起業=ビックディールと考える必要は無い。誤解6. 自分の信念を持ち続けて諦めなければ必ず成功するビジネスを続ける事で最も重要なのは、あきらめない事である。これは間違いない。しかしながら、信念を貫こうと思うが故に、下手すると無意識のうちに自分のアイディアや価値観、やり方に対して固執しすぎてしまっているケースがある。会社を経営していると時代の変化や、世の中の流れで元々強く持っていた考え方が根底から覆される事も多々ある。そんな時には一度外からのアドバイスを聞き、客観的な角度から考え方ややり方を見直してみる必要がある。ビジネスにとって強い信念と柔軟な対応は最も重要な双璧である。誤解7. 一度軌道に乗ればその後は順調に進む会社は立ち上げ時が大変なのは間違いないが、最もリスキーなのは一度軌道にのってからである。会社の成長に対して経営者の技量が追いつかなくなるのが理由。もし、それを乗り越え収益が安定しだした後も、スムーズに進む事の方が少ない。それはまるで海を船が進む様に、常に嵐は起り続ける。外部からは順風満帆であるように見える会社でも、内部ではかなりのドタバタがあるはずである。水面を優雅に進む水鳥も、水面下では必死で水をかいている。そして実はむしろ楽に進んでいると思っているときこそが一番危ない。現状に安心し始めた時から会社の衰退が始まっている。誤解8. 自分の会社を作れば自分が一番好きな事をずっとしていられる最も好きな事をし続けたいと思って起業する人は多い。実際自分もそうだった。しかし実際始めて見ると想像とはかけ離れた現実が待っている。経営者としてやりたい事もほぼ出来ない状態で、トラブル対応、事務処理、収支の計算、従業員への給料など、”経営”以前に心配しないければ行けない事が山積みになる。そして、どんなに頑張っていても理不尽な事に次から次へと直面する。それを乗り越え、強靭なチームを形成し、収益を安定させてやっと少なからずの時間を自分の最もやりたい事にあてる事が出来る様になる。誤解9. 伸びている業界のビジネスは儲かる会社を始めるからには儲ける必要がある。起業家としていつまでたっても儲からない会社を作るのは罪である。したがって、必然的にマーケット需要の高い業界を目指す事が多くなる。しかしどの業界でも必ず儲かる保証は無い。実際かなり儲かっていそうな会社でも、実は大赤字だったりするケースも多々ある。マーケットの需要は大切だが、自分が最も情熱を傾けられる事をビジネスに転換した方が良い。誰よりもこれだけは負けないと思えるものでないと長続きしないし、競合には勝てない。誤解10. 本やセミナーで起業やビジネスに関する知識が豊富なのでバッチリOK起業前に優れた経営者になるべく、関連する本やセミナーから多くの知識を仕入れようとする人は多い。確かにとても役に立つ知識ではあるが、経営は十人十色で他人と全く同じやり方をしている経営者は1人もいない。そして実際のところ出たとこ勝負になるケースがほとんどである。誰かの真似をすれば必ずうまく行くという保証はどこにも無い。ビジネスには100のアイディアがあれば100のやり方があるので、起業するのであれば、最終的に自分独自のスタイルを見つける必要がある。以前にスタートアップとロックバンドの共通点に関して書いたが、ロックスターがあししげく音楽学校に通い、教則本を読みあさってる姿は想像しにくい。経営はいつでもジャムセッション。最後に:起業家というと何かかっこ良い響きがある。しかし現実はそう甘く無い。かなりベタで泥臭い作業も多いし、周りが思う程儲っていない。自分のやりたい事をするための自由を獲得するにはかなりの困難を乗り越える必要もある、かなりしんどい仕事である。しかし、本当に起業家になりたいと思うのであれば、まずは始める事。小さな一歩を踏み出してみる事で、今まで知らなかった世界が見えてくる。成功したらGreat. そうでなくても他では得られない経験と知識が得られる。どちらにしてもラッキーだ!筆者:Brandon K. Hill / CEO,コーチ セール, btrax,クロエ 財布, Inc.第5回 SF Japan Night開催決定! 観戦チケット販売開始!日本のスタートアップがサンフランシスコでピッチを行う、SF Japan Nightの第5回が下記の日程で開催されることになりました。今回はStartup Weekend 海外デジタルマーケティング 2012年のまとめスタッフブログ サンフランシスコに今年の秋アメリカで5つ目のユニクロの店舗がオープンした。そのオープンに向けての広告の打ち様は圧倒的であった,グッチ。屋外広告はもちろん、全面ユニクロの広告で覆われたバスは毎日何台も見かけたし、さらにユニクロ飛行船も週末によく飛んでいた,クロエバッグ。彼らのサンフランシスコ店舗オープンへの意気込みと、アメリカ展開の勢いはアメリカ人にも伝わっているはず,PRADA 財布 メンズ。はコピーにJAPAN TECHNOLOGYと掲げているだけあって、特にデジタルマーケティングに力を入れており、この分野では他のアメリカのファッションブランドと比べても引けをとらない。店舗のデザインも日本よりモダンで近未来感を漂わせている,COACH 通販。そんなデジタルマーケティングを  
Zaloguj się, aby oddać głos
0