色々と練習で試して、自分でこれだと思うフィーリングで打てるようになったら、繰り返してその打ち方が出来るように、自分なりのチェック・ポイントを作って (場合によってはメモに残しておく) 覚えるようにすると良いだろう。 一度、覚えたつもりでいても また分からなくなってしまうのが ゴルフの難しいところだから。以上のことが出来るようになったら、その次のステップとして、 タイトリスト ap2 712 距離感とタッチを出すための感覚を養う練習である。5m、10m、15m といった距離をサンド・ウェッジとピッチング・ウェッジで打って、そのイメージとフィーリングを覚えることから始めると良いだろう。ボールの上がり方、転 がり方などを良く観察して見よう。 アップヒル、ダウンヒル、そして、サイドヒルなど色々なライからのショットにも実戦では出くわす訳だから、そうしたこと を考えた練習も、 ap2アイアン 712 機会があればしておこう。特に、左上がりや左下がりのライでは 前述 2 のポイント (右手主導にならぬよう) に注意しよう。 加えて、8番や 7番アイアンを使った時の感覚についてもチェックして欲しい。
Zaloguj się, aby oddać głos
0