10月中旬、ゴルフメーカー、SRIスポーツによる「ゼクシオ」7代目の記者発表が、都内のホテルで盛大に行われた。ゼクシオは、SRIスポーツの旗艦商品で、初代を発売以来、不動の人気を誇っている。 激安ゴルフクラブ  2012年のモデルは「ゼクシオ・セブン」文字通り7代目を表すネーミングである。でも会場が盛り上がったのは、こういっては何だが、商品よりもお披露目に花を添えた人の女子プロ達だった。黒1点?で、男子プロの中嶋常幸プロを含めた7人の出席。実はこの7人、当日まで発表をひた隠しにしたサプライズ。7人にしたのはモデル名の「セブン」にひっかけたと、後に同社が語っていた。女子プロの名前を挙げれば、横峯さくら、古閑美保、北田瑠衣、青山加織、森田里香子、藤本麻子の綺麗どころ?がズラリ勢ぞろいした。日ごろのゴルフウェアではなく、思い思いのドレスや、シックな衣服をまとったまあその華やかなこと。   ピンG25アイアン ピンG25 ping g25   壇上に姿を現した瞬間、記者連中からいっせいにどよめきの声が挙がった。ツアーでは貫禄を振りまく中嶋プロも、「こんな綺麗どころに囲まれるのは、生まれて初めて?いささか緊張します」と額の汗をぬぐうのもむべなるかな。黒いドレスで、いつもとは違う妖艶な雰囲気を漂わす古閑、女子学生のような可愛い雰囲気の青山や森田。独特のオーラを放つ横峯、シックなミセスの落ち着きを漂わす北田、モデル顔負けのプロポーションの藤本。まさに「いずれあやめか、かきつばた」こういっては何だが、石川遼頼みの男子プロと違って、「つよかわ」プロがひしめく女子プロゴルフ。若くて、可愛くて、華があって、強いのだから、見ていてこんなに楽しいものはない。おまけにジュニアから続々女子プロを目指すかわいこちゃんが目白押しという。この調子なら女子プロ人気は当分安泰だ。
Zaloguj się, aby oddać głos
0