通常は自分のカートとその中のものは自分の携帯品 と見なされるから それにボールが当たればペナルティの対象だが、同伴競技者とカートをシェアーしている場合は 同伴競技者 または そのキャディがカートを動かした場合に限ってはボールがそのカートや自分の道具に当たってもペナルティは科されない。   つまり、誰が 激安ゴルフクラブ カートを 動かしたかによって ルール上の規定は大きく異なる訳だ。それは規則 18-4 に ストローク・プレーで 同伴競技者 または そのキャディ 及び その携帯品にボールが触れたり、それらがボールの動く原因になっても罰はないと定められているからだ。(マッチ・プレーではそのショットを無効にし リプレーを要求する権利が相手に生じる)言い換えれば、自分、自分のキャディ、競技のパートナーが カートを動かした場合に限り カートとその中にあるものは同伴競技者のバッグを含め 全て 自分の携帯品になるから、同伴競技者は そうしたものにボールを当てても r1 ドライバー 激安 ペナルティは科されないと言うこと。   逆に、自分は その中にある同伴競技者のバッグでも そのボールが当たれば テーラーメイドr1 ペナルティの対象になる訳だ。なお、キャディを シェアーしている場合は 原則 キャディが誰のために カートを そこまで運転したかによって 携帯品が どのプレーヤーのものになるかが決定することになる。   白黒付け難いケースには ロケットボールズ ステージ2 ドライバー 競技委員の裁定を仰ぐべきだが 遠球先打の原則などが判断材料になるだろう。  
0